チェックリストの作成から

本

引っ越しは情報が混乱してトラブルが発生しがちです。事前の準備とクラウドサービスを活用した意思の疎通を行うことで、スムーズな引っ越しが可能になります。クラウドサービスはスケジュールを共有でき、画像や表を使ってわかりやすいです。

もっと読む

新しい生活を始める前に

部屋

引越準備は業者を決めることから始め、学校等の転居手続き等を1か月前までに行ないます。10日前までにはライフラインの手続き、当日にはガス使用停止の立会を行なうのです。荷造りは引越が決まった段階から行うことが効率的です。注意点は業者選び、1か月前までに賃貸物件を解約することが挙げられます。

もっと読む

一人暮らしの引越し

トラック

単身赴任の引越しは、荷物量が少ないため、通常の引越しプランで申し込むと、価格面で損をする事があります。お得に申し込むには、単身赴任専用のプランがある引越し業者を利用すると良く、無駄なく効率の良いサービスが受けられます。単身赴任や一人暮らし用の引越しプランは、荷物量があらかじめ決まっているため、量を超えると他プランを選択する事になります。また多くの場合、決められた箱の中に荷物を梱包する事になりますが、そこから出てしまうと別料金として請求する事もあります。家電も家具もコンパクトな単身赴任の引越しは、作業開始から作業終了までにかかる時間が短時間なのも特徴です。少ない人数で引越し作業を進める事になりますが、荷物量が少ないため、片付けも搬送もスムーズに進みます。

引越しを申し込む方法には、ネットや電話がありますが、ネットなら24時間受付可能なので気兼ねなく利用できます。また引越し日が決まっているなら早期に申し込むと良く、早い時期に予約を入れる事で、早割サービスが受けられます。ただでさえ荷物量が少ない単身赴任の引越しですが、更に減らすなら、不要になった家具や家電は思い切って処分する事です。新居に持ち込まずその場で処分する事で荷物量が減るため、引越し料金が安くなり、運ぶ手間も減ります。女性の引越しの場合、事前申請により作業スタッフを全員女性にする事も可能であり、不安や心配なく依頼できます。距離や荷物量、スタッフの人数や部屋の大きさによって決まる引越し料金ですが、依頼する際は複数の業者を比較して選ぶと良いです。

業者選びをする前

パソコン

引越をスムーズに行うには、依頼する前に自分がするべきことを考えておく必要があります。見積もり金額や当日までに何をするのかなどです。これらを自分の頭の中で整理するのは難しいので、引越業者を比較するサイトを参考にするとよいでしょう。そこには引越の口コミが記されていて参考にできます。

もっと読む