新しい生活を始める前に|単身赴任者は通常の引っ越しプランよりもお得なサービスを受けられる

新しい生活を始める前に

部屋

決まってからの流れ

引越の準備は「各種手続き」と「荷造り」に分けられます。引越が決まった後は引越業者へ見積もりを取り、業者を選ぶことから始めます。業者が決まった後は賃貸物件の解約手続き、子供がいる場合は転校手続きを1か月前までにします。さらに、いらないものから順に荷造りも始めておくことで効率的に引越が行えます。10日前までには電話や電気、ガスなどのライフラインの手続きをします。現在のライフラインを止めることと同時に新居の手続きも行うことで、忘れることなく行えます。前日までには次の日に必要な分以外の荷造り、掃除を行い、当日を向かえます。当日にはガス使用停止の立会いもあるので、引越業者の来る時間を考えながら立会う時間を設定しましょう。

業者選びと賃貸の解約

引越の準備で注意する点は様々ですが、その中でも業者選びはポイントとなります。業者の都合もあるため、希望する日の依頼が出来ない場合があり、特に2月から3月の繁忙期は業者の予定もすぐに埋まってしまいます。また、業者によっては費用が予算を超える可能性もあり、費用面を考えると業者一括見積もりサービスなどを利用することがおススメです。業者選びは迅速且つ慎重に行うことがコツになります。現在の物件の解約手続きも注意点の一つです。主な賃貸物件では1か月前までに解約を伝えなければならず、伝えるのが遅くなるに連れ、それ分だけ無駄な費用が掛かってしまいます。次の新居が決まった段階で管理会社等へすぐに連絡する必要があります。引越の準備は労力がとても掛かります。準備をする際はチェックリストを作り、いつまでに何をするか計画的に行うことが大切です。